事業内容|公益財団法人タチバナ財団|障害者支援の助成事業を行います。

タチバナ財団は、障がい者支援の助成金交付事業を行います。

事業内容

助成事業の内容

画像

以下の費用を助成いたします。

1)障がい者の社会参加を促す活動(展覧会、音楽会、スポーツ大会等)費用

2)障がい者の理解を深める活動費用

3)福祉活動に直接必要な環境整備のための施設整備・備品等の調達資金

助成金実績・報告

2020年度助成金交付実績(2021年7月31日現在)

音訳ボランティア郭公の会

デイジー機器の整備               285千円
NPO法人あさひ
朝日ねんどの会

土練機の整備                  277千円
NPO法人
農・出会いの里
ミニ耕運機の整備                100千円
NPO法人
多摩草むらの会
製品制作機器(ミシン)の備品調達           140千円
NPO法人エキープ
自主製品の生産環境整備             300千円
一般社団法人ギフト
製品制作機器(ミシン)の備品調達           190千円
社会福祉法人二宮町 
社会福祉協議会
『ともしびショップなのはな』パンフレット作成      91千円
社会福祉法人
東京ヘレンケラー協会
セラミック電気温灸器整備            200千円
社会福祉法人
日本キリスト教奉仕団
就労支援事業用の厨房環境整備          300千円
NPO法人
毛呂山サポートセンター
障がい児教習用パソコン整備           200千円
NPO法人
東京盲ろう者友の会

日中活動(手織り・バランスボール)備品調達     270千円
NPO法人
インフォメーションギャップバスター
聴覚障がい者用電話リレーサービスの啓発・環境整備    300千円
社会福祉法人つみき
重度障がい児施設環境整備(AED)        300千円
NPO法人ハンディキャップ 
サポートウーノの会
製造販売商品のチラシ作成用プリンター整備    100千円
社会福祉法人 碧
グループホームの環境整備(AED)        299千円
NPO法人  ゆう
日中一時支援施設の一部壁強化整備        190千円 
NPO法人スペシャル
オリンピックス日本・東京
文化プログラムとオンライン合同発表会開催        300千円
NPO法人 発達支援 飛翔のもり
ものづくり体験活動室整備            300千円
NPO法人麦わら屋
麦わら屋の作家たち展開催            300千円
NPO法人いろえんぴつ
心理福祉コミュニティズ
製造した弁当等の店頭販売環境整備        230千円
NPO法人茨城YMCA
障がい児学習支援の為の環境整備         300千円

2020年度 報 告

画像 画像デイジー機器の整備               
小山市内また近隣の視覚障がい者に市の広報などの情報を音訳し、CDにコピーして提供するボランティア活動を行っています。近年、会員の高齢化で退会者も増えてきた中、デイジーCD再生機及びデイジーCDコピー機が相次いで故障してしまい、稼働機器が少なくなって音訳CD作成に時間がとられていました。デイジー機器の更新により、会員の時間的負担を少しでも減らすことができ、継続した活動ができるようになると考えています。


2019年度助成金交付実績

NPO法人つばさの会
トランポリン運動支援事業            250千円
社会福祉法人チャレンジャー
パンのスライサーの整備             137千円
NPO法人あした場
歩行器及び立位台の整備             300千円
おたまじゃくしの会
プール活動支援事業               150千円
一般社団法人ヨコハマプロジェクト
『ダウン症のある横浜のくらし』発行       300千円
NPO法人モンキーマジック
障がい者アウトドアクライミング支援事業     278千円
NPO法人grand-mere
クリスマスコンサート開催            200千円
社会福祉法人けやきの郷
台風被害による室内カーテンの整備        300千円
NPO法人枝の会
地域コンサート開催               100千円
日本パラクライミング協会
パラクライミング日本代表説明会支援事業     279千円
NPO法人poco a poco
非常時の電池・電源供給装置の整備        300千円
NPO法人真ごころ
ボールプールの整備               250千円
精神障害当事者会ポルケ
写真展とトークライブ開催            250千円
nicoっと
障がい児ママ支援活動              293千円

2019年度 報 告

画像 画像歩行器及び立位台の整備               
歩行器を使用した歩行訓練が可能になり、子供たちの目線の位置が変わって視野が広がり、よりたくさんの事物に興味が示せるようになりました。また、立位保持訓練が出来るようになり、今後は立位保持の長時間継続によって、関節拘縮予防も期待されます。


トランポリン運動支援事業
トランポリン運動は、抗重力姿勢で脳を刺激する上下運動が特長で、感覚統合に適している為、障がい児者に大変喜ばれています。今回、トランポリン台に欠かせないフレームパッドが老朽化し、危険性が出てきたので、交換しました。利用する全ての方たちが、安全に安心して全力で跳ね上がることができる環境が整いました。


パンのスライサーの整備
9年使用していたパンのスライサーを、今まで可能な限り修理して使用してきましたが、今回はモーター部の調子が悪くなってしまいました。止まってしまうと、パン製造販売に多大な影響を及ぼしてしまいます。新しいスライサーを新調したことにより、安定したパンの製造販売が出来るようになりました。



台風被害による室内カーテンの整備
水没して使用出来なくなっていた各居室やリビングのカーテンを整備しました。被災前のような状態に戻すことができ、利用者さんの安心、夜間の良眠にもつながり、健康的な生活を送れています。